予約する

Bar Vendôme

パリの伝統的なブラッスリーの雰囲気が漂うこのバーはリッツ パリの一日の中で重要な場所です。朝食、ランチ、ディナータイム以外でも、お好きな時間に軽く食事することができます。

ちょっとお腹がすいたらクラブサンドイッチ、シーザーサラダ。アフタヌーンティーにはフィンガーフード、スコーン、シェフ・パティシエFrançois Perretのケーキをお召し上がりください。

開いた天蓋の下で午後をくつろぐのも、夕刻にバーの落ち着いた雰囲気の中でピアノに耳を傾けるのもいいでしょう。

お気にめすことでしょう

空に開かれた窓

Bar Vendômeとテラスを結ぶガラス張りの天蓋は、ベル・エポックを彷彿させるデザインが特徴です。
天気の良い日には、開いた天蓋から明るい光が差し込みます。雨の日には、透明な傘のごとく張りめぐらされたガラスをつたって、ひっそりとした話し声がしたたり落ちていくかのようです。
霜が降りる頃にはサンルームと化し、室内と同じビロードの肘掛椅子やじゅうたんが置かれます。
昼は明るい光が差し込み、夜は星を間近に感じることのできる場所。朝のコーヒーから夜の閉めの一杯まで、リッツ パリの精神が息づく場所なのです。

歴史にまつわるエピソード…

レディファースト

1900年代当時、リッツは、女性が同伴者なしで行くことができる唯一のホテルでした。
人々は、セザール・リッツが持ちこんだロンドン式「午後5時のお茶」を愉しみ、他の人を眺め、また見られることをこの上のない喜びとしたのでした。

新着ニュース

Puttin' on the Ritz

Bar Vendômeでジャズを楽しむ夜。毎週水曜には、グランドピアノ、コントラバス、バイオリン、ギターの音色が、心地よい調べを奏でます。リズミカルなアンサンブルの演奏とともに、ガラス張りの天蓋の下でブルー・ノートが響きます。

François Perretが考えるグルマンディーズ

カカオパウダーを振りかけたエクレア、ミルフィーユ・ランベルセ、中味がとろけるハチミツのマドレーヌ、アントルメのまろやかなムース。ショーケースに飾られたデザートは魅力的で、口にしたときのこの上ない感動と驚きの予感をほのめかしているようです。