予約する

一泊 18 000 € / ユーロから

ご予約

Suite
Coco Chanel

先見者のクチュールのエスプリ
フレンチシックのビジョンが何十年もの歳月と様々な文化を通過するこのスイートを、自ら装飾したアイコニックなデザイナーのイメージ通り、このPrestige Suiteは、現代的でシンプルな空間を好むエレガントな審美家の方々に最適です。黒と白で統一した直線を重視した内装には、上品な漆やベルベットを他の高級素材と組み合わせて使用し、統一した色調にポイントとして金を添えています。

188m²
ヴァンドーム広場の眺め
2

リッツ パリでのご滞在

お気にめすことでしょう

あまり知られていない作品

現代的でありながら古典主義を追求したエスプリが漂うスイートです。シャネルが選んだ写真、スケッチ、美術品は一般にあまり知られていないものばかりです。

ファッション界に多大なインスピレーションを与え、どの時代にも繰り返し使用されてきた白黒の組合せが、心を落ち着かせ、空間にボリュームを与えています。

歴史にまつわるエピソード

パリへの情熱

かねてから「リッツは私の家。」とよく口にしていたシャネルは、1937年、カンボン通りにある彼女のアトリエから近かったリッツ パリにスイートを借りることを決めました。

ファッションを超越する部分でリッツ パリの哲学に親近感を覚えていたシャネルは、結局ここに34年間滞在しました。

その間、ベルベットのソファ、コルマンデル屏風、金張りの鏡など、少しずつお気に入りの家具を持ち込みました。

伝説を超えて
Suite Impériale

Suite Impérialeに足を踏み込むことは、リッツ パリの歴史に踏み込むことを意味します。フランス式「アール ド ヴィーヴル」に特化した博物館は、同時に歴史的モニュメントなのです。